痛み

中川式ひざ痛治療法 中川卓爾氏 痛み改善 評判口コミ

膝の痛みが改善すれば...


もしあなたが、「変形性膝関節症」、「加齢によるひざの痛み」、
「スポーツや事故によるひざの痛み」、このような症状で悩まされているのであれば、
このブログはあなたのお役に立てるかもしれません。




これまで、あなたが悩まされ続けていた、「膝の痛み」の原因はこのマニュアルで解決出来るはずです。


何故なら、「膝の痛みで悩まれている50万人以上の方」を救ってきた中川卓爾が、「整形外科や整体院などに通わなくても」、「痛み止めの薬を飲まなくても」、ご自宅で痛みを改善する方法をお伝えするからです。


その他にも、「緊急時の対処方法」や「再発しないための予防法」までお伝えします。


これまでどんな方法でもダメだった方でも大丈夫です。


中川さんのもとに相談に来る方は、次のような悩みを抱えています。


「今まで、様々な整形外科や接骨院に通ったけど、一向に改善しない」


「膝の痛みを取り除きたいけど、手術はお金がかかるし、何より恐怖を感じる・・・」


「変形性膝関節症は改善できないものだし、一生付き合っていくしかない・・・」


また、「整体院」や「鍼灸院」、「マッサージ」や「カイロプラクティック」に通っても、


「3日もしないうちに元に戻ってしまい、痛みが再発する」


「全然痛みが取れない、それどころかもみ返しで痛みがひどくなった」


「痛みでマッサージすら受けることが出来ない」


ということもよく耳にします。



一般的に膝の痛みを治す方法は病院に行って治療を受ける、それでも駄目なら手術をするしか方法はないとされてきました。


しかし、中川さんは、「自分で痛みを取り除ける方法は本当にないのか?」という課題を掲げ、30年以上にも渡り研究してきました。



その研究が17年目を過ぎようとしていた時、中川さんはあること≠ノ気づいたのです。


「やっと見つかった、この方法なら膝の痛みで悩んでいる多くの方を救うことが出来る」


その瞬間、嬉しさのあまり弟子や家族と両手をあげて、飛び上がったことを今でもはっきりと覚えています。


そして、試行錯誤を繰り返し、17年の歳月をかけて、中川式ストレッチが完成したのです。


その結果、


9年間、膝の痛みで正座すら出来なかった方の痛みが数日後にはスッキリ改善してしまったのです。


そして、実際に効果があることを確かめるために、中川式ストレッチ≠膝の痛みで悩んでいる人たちに試してもらうことにしたのです。


その他、中川さんを尋ねてくる多くの方の中で、過去に神経注射や手術を受けたにも関わらず痛みが再発した人もたくさんいました。


しかし、後遺症の痛みで夜も眠れないほどだったのに、実践してから1ヶ月も経たないうちに、毎朝運動が出来るまでに回復したのです。


もちろん、コルセットや薬などは一切使用しておりません。


つまり、事実上、不可能とされていた「膝の痛み」を自分で解消することに成功したのです。


その後は、たくさんの方を救いたい一心で独立。
鞍ケ池ヘルスケアを開業、新聞や雑誌でも掲載され、口コミで一般の人から、プロ野球選手やプロゴルファーなどのプロスポーツ選手まで、中川さんのところに殺到し、話題になりました。




病院は民間治療は、お金のかかる一時的な治療でしかありません。


病院や整体院に行けば、痛みを解消してもらえる。


これは誰もが常識として持つ考え方でしょう。


「病院にいけば、変形性膝関節症は解消できる」


「マッサージを受ければ、痛みは解消できる」


このように思うかもしれませんが、残念ながら、そんなことはないのです。


何故ならば、中川さんはこの30年間、数えきれないほどの医師や治療家と接してきたから、その人達の方法がよく分かるからです。

詳細はこちらをクリック




中川さんが今まで見てきた病院の実態をお伝えします。


実は、病院でお金を使っても必ず治るということはなく、ほとんどが「一時的な治療」でしかないのです。


患者が痛いと言ったら、痛み止めの注射を打つ、薬を渡す・・・。


こういった一時的な方法≠ェ非常に多いのです。


これは日本の医療制度の問題でもありますが、残念なことに「点数」を稼ぐために治療するケースもあります。 薬や手術が必要でない患者さんに対しても処方する場合があるのです。


医師たちもあくまで仕事ですから、場合によっては、

「痛みを改善するよりも点数を稼ぐ」=「売り上げを上げるため」の治療をするケースがあるということも頭の中にいれておいて下さい。


「痛みの原因」は何なのか、
それを根本から改善しなければ、痛みが再発するのは当然のことです。

そして、痛みが取れない限り、「無駄な時間」と「無駄なお金」を払い続けることになるのです。


神経注射ならまだしも、手術になれば、数十万、ケースによっては100万円以上かかることになりますが、痛みが改善するという保証はありません。



民間療法もこれと同じです。



ハリやマッサージなどは、ツボ≠刺激し、緊張して硬くなった筋肉やコリをほぐすだけなので、時間が経てば、また痛みが出てきます。


その時は、楽になったと錯覚してしまいますが、短ければ3日、長くても1週間もすれば戻ってしまいますし、以前よりも痛みが酷くなってしまったなどの報告も良く受けます。

誰にでもおみあたr


あなたもそのような経験があるはずです。


そうすればまた別のところを探して通い続けなくてはなりません。


民間療法は当然のごとく、保険が適用されないので、1回通院すれば5,000円程度はかかります。


毎週通ったとすれば、「1ヶ月で20,000円」はかかることになります。


「整体院」や「カイロプラクティック」については、これまで以上に痛みがひどくなり、中川さんのもとにやって来たというケースは後を絶ちません。


何故ならば、専門的な知識がないのにも関わらず、施術する整体師が非常に多いからです。


鎮痛剤を飲み続けるのは危険です。


何故、投薬を飲み続けるのはとても危険なのか?


それは、病院の医師たちは、「医師免許」を取得するまでに、ある決められたことしか勉強しません。


それぞれの症状に対する、「治療法」、「手術法」、「理論」、この3つを基本的に知っているだけなのです。


つまり、この病気にはこの方法、あの病気にはこの手術、というようにあらかじめ医者の中でマニュアルが決められてしまっているので、応用が利かない医師がほとんどなのです。


だからこそ、日本にいるほとんどの医師は、「膝の痛み」の原因を詳しく説明してくれることもなく、「じゃあ、この鎮痛剤を飲んでみてください」 とあっさりと診断して処方箋を出すのです。


あなたも、何ヶ月も整形外科などに通ったのに薬や湿布を処方されただけで、結局何の解決にもならなかった経験があるはずです。


医師にしてみれば、痛み止めの薬を出したり、痛み止めの注射をすることは、マニュアル上、当然のことをしているのです。


薬と名のつくものにはすべて副作用があります


副作用を考えても、効き目の方が大きい場合であれば、それは「薬」と言えるでしょう。


副作用の方が大きい、もしくは効き目を帳消しにしてしまうほどの副作用のあるものは、「薬」ではありません。


それは、はっきり言って体には「毒」です。


さらに、この「毒」には中毒性があります。


最初は薬を飲むことによって、一時的に痛みが改善されて楽になるかもしれません。


しかし、月日が経ちその薬に体が慣れてくると、より強い薬でないと痛みを緩和出来なり、悪循環が始まります。


中川さんのところへ訪ねてくる方の中には、薬を長年飲み続けたせいで、慢性の腹痛や下痢の症状を訴える人は大勢います。


このように、病院や整体院では、「根本から膝の痛み」を改善する方法が見つけられなかった・・・


そんな悩みが多かったからこそ、中川さんは中川式ストレッチを開発したのです。


「ハムストリングスの筋肉が弱い」


「運動不足、加齢による筋肉の衰え」


「精神的なストレスや疲れによるバランスの崩れ」


膝の痛みにはこのような原因があります。


しかし世の中のほとんどの方はこの事実を知りません。


詳細はこちらをクリック




身のまわりの人に聞いてみてください。


「膝の痛みの原因を知っていますか?」と。


するとほとんどの人が、
「年のせいでしょ?」
「体重が重いせいでしょ?」

と答えるでしょう、でも事実は違います。


本当の「膝の痛み」の原因は別にあるのです。


膝・肘の使いすぎで痛みが出たのではなく、使っていないから痛みが出るのです。


これを踏まえた上で、もう少し具体的にお話していきます。


よく、整形外科などに行くと医者にこのように言われると思います。


「膝を動かさないようにして、安静にして下さい。」

しかし、中川さんから言わせると、それでは改善するどころか、症状をさらに悪化させてしまっているに過ぎません。


「膝の痛み」の原因はすべて体の一部分≠使っていないことが原因なのです。


しかし、次のようにおっしゃる方もいます。


「私は、よくその部分使っています。でも痛みが改善されませんが・・・」


そういう人は、"動かし方"に問題があるのです。


間違った動かし方をしていれば、「膝の痛み」は解消されません。


しかし、正しい動かし方をしていれば、痛みをなくすことは十分にできます。


痛みをなくすどころか、動かせば動かすほど、短期間で痛みを解消させることができるのです。


ですが、このお手紙を読んで下さっている方の中には、


「激痛で動かすことなんて出来ないよ・・・」


「今まで、色々な方法を試したけど、ダメだったし・・・」


と不安に思う方がいるかもしれません。


ご安心下さい。


何故ならば、医者にさじを投げられた「変形性膝関節症」、「加齢によるひざの痛み」、「スポーツによるひざの痛み」、などで悩まれている50万人以上の方を改善してきた方法をお伝えするからです。


中川式ストレッチは、難しいことはひとつもありません。


「今は、膝を動かすことすら辛い・・・」


「激痛のせいで膝を少し動かすだけでもストレスを感じる・・・」


そんな方でもご自宅で簡単に出来てしまう方法です。


中川式ストレッチは至ってシンプルです。


あなたには、たった3つのことをやっていただくだけです。

1、まず、「膝の痛み」になった根本原因を知って頂きます。

2、次に、中川式ストレッチで痛みをどんどん解消して頂きます 。

3、そして痛みを再発させない予防方法を実践して頂きます 。


おおまかにお伝えすると、たったこれだけのことです。


これだけのことを実践していくだけで、気がついたらみるみるうちに痛みがなくなっていくのを実感されます。


朝起きると、必ずあったはずの「膝の痛み」がいつの間にか消えていたり、階段の登り下りや、朝立ち上がることが辛かったことなど、自由に動かせることも出来るようになります。


また、突然やってくる痛みに恐怖を感じることもなくなり、以前のような楽しい生活に戻ることが出来ます。





詳細はこちらをクリック



痛み

婦人科の先生も教えてくれない生理痛緩和術! 塩田 直生氏 評判口コミ 痛み改善

生理痛緩和なら婦人科の先生も教えてくれない生理痛緩和術!


今から1ヶ月目には急激に生理痛が緩和され!
わずか2ヶ月!つまり2回目の生理の時には普通に生活が送れるとしたら…




 生理痛を緩和したい。生理痛がひどい。
 痛み止めが効かない。何をやってもダメだった・・・
 そう思って諦めているあなたに、ぜひ読んでいただきたい
 大切な事をお話します。





塩田さんの奥さんもそうでした・・・本当にひどい生理痛だったんです。


生理がくると、本当にもう最悪です!

痛み止めは全く効果がなく、立っている事なんてできない状態で布団の中で苦しんで
吐き気と下痢のために四つ這いでトイレの往復、寒気が酷い時もあり真っ青な顔で震えながら
耐えていました。しかしこれはマシな時で

ひどい時は痛みは当然のこと、吐き気と下痢がさらに強烈らしく、四つ這いどころかほとんど這うような
状態でやっとの思いでトイレに行き、これ以上何も出ないというくらい出しても吐き気は治まらず
胃液のようなものを出して、さらに・・・

激痛のため、冷や汗と涙で顔はびしょ濡れ

しかしある日、さらにひどい状態になってしまいます…


今回もひどいみたいだけど大丈夫かなぁ?と思っていると、ガタン!ドタン!と激しい物音がします。
慌てて見に行くと、決して大げさに言っているのではなく、部屋の端から端へと激しく転げまわったみたいで

布団も何もかもメチャクチャ!!

これはマズイと思い救急車を呼ぼうとしたのですけど、叫ぶような声で「呼ばなくていいっ!」と言うんです。
そして今度は搾り出すような声で「もう少ししたら治まるから大丈夫。また嫌な思いをするだけ・・・」
と言ってしばらく苦しんでいたんですが、突然ピタッと静かになりました。

良かった、落ち着いてきたのかなと思ったんですけど・・・
ん・・・?


声をかけても無反応・・・
そう・・・


気を失ってしまったんです!!


慌てて救急車を呼び病院へ連れて行きました。しかし、検査の結果どこにも異常は見当たらず
結局痛み止めをだされただけでした・・・

実は以前にも婦人科で診てもらった事があるのですが、その時も異常は見当たらず、こちらがどれだけ
痛みを訴えてもどんな状態になるのかを説明しても、痛みの原因になる病気などの異常はないから
治療のしようがないといった感じでまともにとり合ってはくれませんでした・・・

もちろんこんな婦人科ばかりではないとは思いますけど、病気じゃなければまともに診てくれないのかと
思ってしまいますし、何より奥さん自身が生理痛がひどいタイプだから仕方がないと諦めていました・・・


詳細はこちらをクリック




こんな事で良いのでしょうか?


世の中の女性の多くの方が、こんな状態なら納得ができます。
しかし生理痛なんてまったく感じさせない女性もたくさんおられます。


奥さんをどうにかして救ってあげたい!


そう思い、生理痛緩和に向けて真剣に取り組みはじめました。

色々な書籍を読み、職場の女性や同僚や友人の奥さん、薬局や処方せんの薬剤師さん、その他の医療
関係や専門家の方、とにかく話を聞ける方には、なりふりかまわず聞いてまわりました。

こうして必死になって調べていきながら少しづつ奥さんに試していったのです。
そしてある日、

これはイケるかもしれない!

そう思い、すぐ奥さんに試していきました。


次の生理の時、いつもなら苦痛に転げまわっているはずの奥さんが・・・

「何か変・・・全然痛くないわけじゃないんだけどマシみたい・・・」

とか言いながら普通に歩き回っているではないですか!

そしてさらに続けました。すると2ヶ月目には・・・

「えっ!昨日からなの?」

これにはかなり驚きました!当たり前ですが生理になるとすぐ分かったのに
生理二日目という事すら塩田さんに気付かれる事なく普通に生活していたんです!


ほんの数ヶ月前なら、気を失って救急車で運ばれていたんですよ!

塩田さんを驚かせようと黙っていたらしいです。この時の奥さんの嬉しそうな顔が忘れられません。

もう奥さんはあんなに辛い思いをしなくていいんだ・・・
あんなに苦しんでいる奥さんを見なくていいんだ・・・
良かった・・・本当に良かった・・・
心の底からそう思うと涙が出ました。

そして、奥さんもそうだったように、生理痛がひどいのは仕方がないと思い込んで諦めている人に、
痛みから開放されて普通に生活を送れるという嬉しさを感じて欲しいと思い、奥さんの生理痛を緩和した
方法をレポートにまとめ、マニュアルとして公開しようと決めました。


このような経験はありませんか?

check 生理痛が酷くて普通に生活を送れない。

check 生理が近づいてくると怖い。

check 生理が近づいてくると憂鬱になる。

check 生理の時の通勤や通学の電車が辛い。

check 痛み止めがほとんど効かない。

check 病気じゃないから我慢するしかないと言われたことがある。

check 甘えている、怠けていると言われてしまう。

check 大事な約束をキャンセルした事がある。

check どうして塩田さんだけ・・・と思ったことがある。

check 婦人科で軽くあしらわれてしまった事がある。

check 子供を産めば治ると軽く言われてしまう。

check まわりに理解してもらえず悔しい思いをした事がある。

check いっそ子宮なんて取ってしまいたいと思ってしまう。


すべてに当てはまらなくても、いくつかは経験されたことがあるのではないでしょうか?
そして辛い目にも悔しい思いにも遭われてきたことと思います・・・

しかし、あなたが本気にさえなっていただけるのなら二度とそんな思いをすることがないように
あなたのお力になる事ができます。



このまま辛い思いを繰り返すだけでいいんですか?

はっきり言わせていただきます!
当たり前のことですが何もせず今のままでは、あなたの生理痛は緩和されません!
来月も再来月も、その先もずっと

耐え難い痛みが必ず襲ってきます!

痛み止めを飲んで耐えているだけでは緩和されません!

もちろん痛み止めを飲んで痛みが治まる、普通に生活を送れるならそれでかまわないと思います。
しかし、ここまで読んでくださっているあなたは、痛み止めだけでは効果がない方なのではないですか?


生理痛がなくなると…

check 生理の時でも普通に生活する事ができます。

check 毎月生理が近づいてきても不安になる事はありません。

check 学校や仕事を休まなくてもいいようになります。

check 通勤や通学が電車、バスでも辛くありません。

check 痛みで夜中に目を覚ます事なく朝までぐっすり眠れるようになります。

check 彼氏や友達との約束、大事な用事をドタキャンしなくてもよくなります。

check イライラして子供や周りの人にあたらなくなります。

check 甘えている、怠けているなどと言われなくなります。

check 子供の学校行事に行けないなんて事がなくなります。

check 大切なイベントの日を思いっきり楽しめるようになります。


生理痛から解放されます。


詳細はこちらをクリック




それでは生理痛緩和術の一部をご紹介します!


生理と生理痛の関係って?
生理痛を最大限に緩和するために、基本はしっかり頭に入れておきましょう。と言っても生理痛
を緩和するために必要のない事は覚える必要はありません。
関係のあることだけを、ちょこっとで大丈夫です!

多くの人がしてしまっていることとは?
生理痛を緩和するために、はじめにするべき事があります。


痛み止めって体に良いの?悪いの?
痛み止めは体に悪いから・・・と言って、痛み止めを飲む事に抵抗を感じている人、痛み止めが
全く効かない!
そんなあなたのために痛み止めのウソ、ホント!お教えします!

市販の痛み止めはこうして選ぶ!
風邪をひいた時に風邪薬を飲むように、痛み止めを飲んで普通に生活が送れるなら・・・
って思った事はありませんか?
しかし薬局に行っても種類が多くて、どれが自分に合うのか分からない・・・
そんな時のために市販の痛み止めの選び方をお教えします!

とっておき!即効で痛みをとる方法!
痛み止めは飲みたくない!痛み止めを飲んでもあまり効果がない!
たとえ効果があっても効くまでに時間がかかる・・・

薬など一切使わないとっておきの方法をお教えします!!
もちろん「痛いと思うから痛みが酷くなるんだ。」「考え方を変えてみよう。」などという

なぜ痛みがとれるのか、理由も付けてご説明します。

これが以外と効果あり!
これは侮れません!
生理痛になぜ効果があるのかも一緒にご説明します。

もしかしてこれが原因?
あなたの生理痛を酷くさせているのは、これが原因かもしれません!
その理由から対処方までをご説明します。


現代人に多いこんな人・・・
何かと忙しい現代人ですが、こんな事をしてしまっている人がいます。
これでは余計に痛みが酷くなってしまいます!
これを読めば納得していただけます。

これがダメならアウト!二つのチェックとは?
生理痛を酷くさせる原因はいろいろありますが、もしもこの二つのチェックをしてみてダメだった
場合、ほかの生理痛を緩和する方法を試しても、これのせいで効果が半減どころか生理痛が
緩和されなくなってしまうかもしれません。
今まで何をやってもダメだった人は必見です!!(奥さんも二つともアウトタイプでした・・・)

ダイエットの落とし穴とは?
もしもあなたがダイエットをしているのなら・・・ちょっと待ってください!
本当にあなたにあったダイエットですか?
間違ったダイエット法のせいで生理痛が酷くなっていませんか?

生理痛のない体へ
生理痛に限らず食生活は非常に大切な事です。年々生理痛に悩む人が多くなっているのは食文
化が変わったせいかもしれません。しかし、栄養士でもない限りすべての栄養管理など出来る
はずもありませんし、何から手をつけて良いのかも解りません。
そこで意識しておきたいもの、控えるべきもの、どうすれば良いのか?など簡単にまとめました。
(簡単すぎると思いますが・・・^^;)
あなたの食生活にご活用ください!



詳細はこちらをクリック







Powered by Seesaa

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。