脱毛

脱毛剤の目的と種類はいったいいくつ?

毛根からムダ毛を抜き取ることを目的とした薬品のことを脱毛剤といいます。

皮膚から出ている部分の毛のみを剃り、毛根から抜かないことを正確には除毛といいます。

脱毛剤といわれるものの中には、一般的に除毛剤も含むことが多いようです。

脱毛剤を使って脱毛をすることは、自宅で気軽に試してみることができますね。まあお手軽といえばお手軽です。

エステサロンや医療機関で脱毛するよりずっと安価にできることからとても人気があります。


脱毛を脱毛剤によって行う場合、肌の表面を痛めやすいようです。

ですから肌荒れ、かぶれなどに十分に注意することが大切です。

脱毛クリームや脱毛テープ、脱毛ジェル、脱毛ワックスなど、脱毛剤にはじつにいろいろな種類があります。

脱毛剤を利用する時は、それぞれの脱毛剤の種類ごとの特徴を把握しておく必要があるでしょう。

そして十分理解した上で、自分に合う脱毛剤を選択してください。

また脱毛剤を使用する際は、はじめに肌の状態を目立たない部分で確認してから使うようにしましょう。

あとから大きい部位ではれたり、赤くなってりしたら、大変です。

肌の脱毛は人目に触れる部分にするものです。

使用時には、脱毛剤で失敗しないようにくれぐれも十分気をつけるようにしましょう。

脱毛

脱毛クリームは一番人気のある脱毛剤です。

脱毛剤のうち、人気があって売られている数が多いものが脱毛クリームで、薬局などでもたくさん出回っています。気軽に購入出来ますね。

痛みがなく、手軽で安価に購入できる脱毛クリームは、軽い気持ちで試すことができる脱毛剤だといえるでしょう。

特殊な化学反応により毛を溶かすことで脱毛処理をするのが、市販の脱毛クリームで、それはアルカリ性になっています。

クリーム状の脱毛剤を皮膚に塗ってしばらく放置した後で洗い流すか、ふき取るなどして利用します、脱毛します。


皮膚から露出している毛を溶かして脱毛するのが大きな特長です。

脱毛クリームは毛根までは処理できません。

そういう意味では除毛剤の部類に入り、脱毛剤ではないといえるでしょう。

毛根まで溶かすタイプの完全脱毛クリームの商品も少ないですが売られています。

脱毛クリームで毛を溶かした場合、色々な方向を向いた状態で溶け切れていないままで終わってしまいます。

この場合、注意が必要です。
皮膚から出てこないまま伸びる埋没毛になってしまう等の危険性があるからです。

脱毛クリームは、もちろん皮膚にもかなり負担がかかります。
個人差もあります。

毛だけを溶かすものではありますが薬品にはかわりないのです。

敏感肌の人、肌の弱い人はかぶれや炎症を起こしやすい危険性が残っていますので気をつけましょう。

脱毛剤を初めて使用する際は、自分の肌質に合うかどうか、まず目立たない部分で脱毛剤をテストをしてみてから使いはじめましょう。

十分テストしてから使用してください。

脱毛

脱毛ワックスと脱毛テープの違いとは

脱毛ワックスは、暖めてから脱毛したい部位に塗り、しばらく放置して毛ごと固まったら一気に剥がし、ワックスについたムダ毛を抜き取るタイプの脱毛剤で、脱毛剤の一種になります。

脱毛ワックスの場合,脱毛クリームと違って毛根から一気に抜くことができ、一度に足や腕などの広い範囲の毛を抜き取ることができます。

長さが2ミリぐらいある毛や、しっかり生えている毛を一度に脱毛してしまいたい人に向いているのがこの脱毛ワックスです。

但し、毛根部まで抜いたわけではないので、脱毛ワックスで脱毛した場合は、しばらくするとまた生えてきます。デメリット1

皮膚の再生が早い人の場合、埋没毛になることや、肌表面が鳥肌状になることもあります。デメリット2


脱毛テープを使用する際は、傷みの感覚には個人差がありますが、脱毛テープを剥がすと強い痛みを伴います。デメリット1

しかし慣れてくると痛みはほとんど感じないくらいになるでしょう。

脱毛テープの場合は、人によってはいつまでも慣れることのない痛みがある人もいます。

脱毛テープを使用した後、肌が赤くなることもありますし、毛抜きを使った時のようになりますので気をつけましょう。デメリット2

剥がす際に皮膚を傷つけるとかぶれたり、腫れたりする可能性もあります。十分注意してください。

数ある脱毛剤の中では、薬品を全く使わない脱毛ワックスも販売されています。

脱毛の際に薬品かぶれを起こしてしまう人、肌の弱い人は、まずは薬品を全く使わない脱毛ワックス使ってみるといいでしょう。

脱毛

男性用の脱毛剤

男性用の脱毛剤というものもあり、相当な数が売れていると事実があります。

女性だけが脱毛剤を使うというイメージがあるのですが、最近では脱毛剤も男性用のものが多く流通しています。それだけ皆さん,気にしている方が多いと言うことですね。


濃い髭や胸毛、すね毛にも対応できるように男性用の脱毛剤は工夫されており、女性用に比べて、脱毛成分が特に多く含まれています。より協力になっています。

シェーバーで朝に剃っても夕方に生えてくる様な、発毛サイクルの早い人、剃り跡が青くなって目立ってしまう人には、男性用の脱毛剤の利用は向いています。

ひげ剃り後に塗るだけのタイプの手軽に使える脱毛剤もあります。

男性の場合、体毛が濃いので一気に減らせるものではありません。

カミソリなどによるひげ剃りと脱毛剤、抑毛剤を併用しながら気長に取り組んでいくタイプのものがお勧めです。

毎日の習慣として、ヒゲを剃った後でぬるま湯で洗顔し、その後抑毛ローションなどの脱毛剤を使うようにしてみたらどうでしょうか。

これにより少しずつ毛を減らしていくことができるのです。

男性はある程度の毛があることが自然ですから、男性用の脱毛剤がよく売れているといっても、すね毛などは抜きすぎないように注意することが大切です。あまりにもスベスベだと逆に気持ち悪いです。


スキンケアは、女性だけでなく男性でもこれからは必要なものです。

肌を健康的に保つためにも、脱毛剤などできちんと手入れをしましょう。

そうすることで自信に繋がり、思いもかけない効果があるかも知れないのです。

なんでも自信の有る方は成功への近道です。

脱毛

永久脱毛のサロン選びのポイントとは

サロン以外ではレーザ脱毛を受けられない、ということはありません。

永久脱毛の処理を希望するならば、医療機関やエステサロンなどの施設を選択することができます。

エステでも永久脱毛を受けることはできますが、脱毛専門サロンの施術メニューには脱毛以外のものがありません。

脱毛施術に使用するレーザーでも、使用する光に特長があるなど脱毛専門サロンにしかないこだわりがあるのです。

これは十分、ヒヤリングしないとわかりませんが


脱毛専門のサロンでは、永久脱毛の部位が体の細かい部分にまで指定していることもあります。

看護士や医学脱毛士などの専門スキルを有する人に永久脱毛処理を頼みたいなら、専門医療機関での永久脱毛がお勧めです。

脱毛施術をなるべく短期間で済ませたい人なら、美容サロンより高出力の光が扱える医療機関が向いています。

医療機関であるという点は施術を受ける際にも心強いですし、脱毛資格を持つ人に頼めるという点から安心して任せられます。

体の一カ所を脱毛するコースや、複数の部位を一度に任せるコースなど、永久脱毛の内容はいろいろあります。自分に合った希望するコースを選択してください。

まゆげや口の周囲のムダ毛の脱毛には4万円、頬や額は6万円程度が相場ですが、施設によって脱毛料金やその内容にはかなり違いがあります。

脱毛が完全に終わるまでかかる費用が重要なので、一度の施術料金だけで判断しないように。全部での費用を計算に入れてください。

脱毛サロンによっては、保証制度があります、効果がなかった場合のフォローも行っているところもあります。

これも十分ヒアリングして決めてください。

脱毛

永久脱毛の仕組みについて

レーザー永久脱毛という言葉だけでは、ほとんどの人にとって何をするかわかりにくいものでしょう。

髪を作る場所というのは、毛の根本にある毛根と呼ばれる部分です。

毛抜きやかみそりを使った脱毛は、毛根の上から毛の部分だけを剃り落としたりきりおとしたりして除毛するものです。

新しい毛が毛根で作られますから、剃ってもまもなく生えてきてきます。

ムダ毛の手入れには、かみそりをつかって生えてくるつど剃るというものが一般的ですが、かみそりは皮膚にも大きな負担になります。

肌への負担を減らしながら毛の再生を防ぐには、単純には毛根で毛が作られないように処理すればいいわけです。

毛が作られる機能を止めるために毛根をなくしてしまうことが、永久脱毛の原理です。

レーザーの照射は皮膚や体に安全なものを使っていますので、レーザー永久脱毛は低リスクで安全に受けることができます。

永久脱毛で使うレーザー光は皮膚ガンを発生させる心配もありませんし、光の一種なのでやけどになることもありません。

熱さも、何らかの痕跡が残る心配もありません。

数日は施術箇所に赤みが残るかもしれませんが、間もなく直ります。

痛みや腫れが後々まで続くようなことにはなりません。

但し、
光アレルギーの方、光感受性のある薬を服用中の方、日焼けしている方、色素斑などの色素性病変がある方などは、健康に影響を及ぼす可能性があります。何でもまったくリスクゼロというものはありません。

そのような方は
レーザーによる永久脱毛の施術は控えるようにした方が良いでしょう。

脱毛

永久脱毛が可能なところはどこ?

永久脱毛をしたい時、レーザーを用いる脱毛方法なら身体のどこに対してもできます。

一般的な部位はワキの下やすね毛ですが、指や腹、背中、そして顔の一部など毛のあるあらゆる部分に脱毛処理が可能です。

レーザー脱毛は皮膚への負担が少ないため、アトピー性皮膚炎や皮膚の弱い人でも施術可能です。

しかし、皮膚の薄いまぶたのような場所は脱毛ができません。


また、レーザー光は毛根のような黒い色に反応して効果を現すため、ほくろや日焼けなど色の濃い部分の近くは脱毛ができません。

まゆげや口の周り、鼻の下、額や頬などのムダ毛もレーザーによって永久脱毛ができます。

中でもとりわけ、まゆげのレーザー永久脱毛は、脱毛サロンでも人気のある施術となっています。

眉の形を整えるために毛抜きで眉毛を一本一本抜くことがありますが、やりすぎると脂肪が取れてしわになりやすいようです。
注意してください。

脂肪を取らずにまゆげを抜くために、レーザー脱毛で眉毛を処理してエイジングケアをしましょう。

レーザー永久脱毛なら皮膚に埋もれた部分が青っぽく見えてしまうことがないので、仕上がりにも断然差がでます。

脱毛をレーザーを用いるメリットは他にもあります。

毛穴が引き締まり、目立たなくなるのはレーザー光で毛根が破壊されるためです。

毛穴が引き締まってくすみやざらつきが改善され、以前より肌のキメが細かくなって肌さわりも変わってきます。

レーザー脱毛によって、ムダな毛がなくなるだけでなく肌の調子もよくなるのです。

いいことばかりですが、十分にカウンセリングを受けてから決めてください。


Powered by Seesaa

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。