二重まぶた

二重まぶた埋没法とはどんなの?

少し前まで、まぶたを二重にする整形手術の主流は切開法と呼ばれる方法でした。

メスを使って、まぶたの一部を切開して縫い合わせる方法です。

最近では、二重まぶたの整形手術には糸を埋め込む埋没法という方法が人気を集めています。

一重まぶたと二重まぶたの違いはほんの些細なものですが、それだけで顔全体の印象はガラリと変わってきます。

二重だと目がおおきくはっきりとしますね。


一重まぶたを二重まぶたに変えたことが自信につながり、社交的になれたという人も大勢います。


二重まぶたとは、まぶたを上下させる眼瞼挙筋という筋肉が一部枝分かれして皮膚にくっついているため、目を開ける時に折り目ができる状態を言います。

日本人に多い二重まぶたは末広型と呼ばれるタイプです。

すっきりとした控えめな印象を与え、目じりにかけて広がっていきます。

平行型は二重の始まりが目頭から離れているもので、パッチリ、クッキリとした印象になります。

二重まぶた埋没法とはメスを使わない美容整形で、まぶたの皮膚の下とまぶたの筋肉を糸で数カ所を留めることで眼瞼挙筋と皮膚をつなげ、目を開けた時に二重のラインを作っていきます。

二重まぶた埋没法の糸は医療用で体内に吸収はされません。

糸で留める箇所が多いほどクッキリとした二重まぶたになります。

この方法では、どのポイントに糸を通すかで、二重のラインを好きな形に調整することができます。

二重まぶた埋没法でどのような二重のラインを作るかは、カウンセリングによって詳細に決めることが出来ます。

末広型や平行型などどんなラインが似合うか?また好みもありますので、よく考え、カウンセリングを十分受けてから決めるといいでしょう。


二重まぶた

二重まぶた埋没法のメリットとは?

少し前まで、まぶたを二重にする整形手術の主流は切開法と呼ばれる方法でした。

メスを使って、まぶたの一部を切開して縫い合わせる方法です。

埋没法を使っての手術は、手術時間も短く術後の回復が早いので、軽い気持ちで受けることができました。

また、手術跡もほとんど残りません。

施術にかける時間はわずか数分という所もありますので、昼休みに済ませてしまえるくらいです。

また、埋没法の内容にも何通りかありますが、最新の方法では糸が皮膚の中に完全に埋まって全く見えないものです。

筋肉とまぶたを、ごくわずかだけくっつけるというものです。

手術をする皮膚の部分は血管が多く、また、粘膜はとてもデリケートな部位です。

このため、最近の埋没法では目に負担がかからないように、筋肉と皮膚のほんの一部だけを糸でつなげます。

目に傷がつかないか心配になるかもしれませんが、糸を通す場所は筋肉と皮膚のほんの一部だけです。

個人差もありますが、手術の次の日からごく普通に学校や会社に行くことができます。

術後に通院も必要ありませんし、抜糸も必要ありません。

化粧や洗顔なども、一般的な場合では翌日から通常通りにできます。

二重まぶた埋没法なら、知人や身近な人に気づかれないままにちょっとしたスケジュールの調整でプチ手術を受けることができます。

二重のラインを作った糸を再び取り出すことで、一度つけた二重を元に戻すことも可能です。

ごく小さな穴を開けて糸を抜くので、腫れなどは少なく済みます。

二重まぶたを作り直したい時は、一旦糸を抜いてから、新しい二重のラインを決めて、再び埋没法手術を受けることもできます。

でもやり直すぐらいなら最初からよーく考えてラインを決めてくださいね。


でもやっぱり手術はやだなあという方はこちらもページも見てください
簡単便利に二重が出来ます。





二重まぶた

二重まぶた埋没法のデメリットと気をつけるべきことはなんでしょう。

安全で手軽にできる二重まぶた埋没法ですが、その手術には全くデメリットがないというわけではありません。

そうはいってもあらかじめ二重まぶた埋没法にどんなデメリットがあるかを把握し、対策を考えておくことができればリスクを回避または軽減することができます。

二重まぶた埋没法の技術は、最新の研究で新しいものが生み出されています。
どういう施術方法が手術を受けるクリニックで使われるのかをしっかり確認しておくことが重要だと言えます。

この二重まぶた埋没法は非常に手軽な手術です。
ですがその分限界もあるのです。
二重まぶた埋没法の場合は、基本的にはまぶたの奥の部分に脂肪が少ない人に向いています。

つまり二重が作りやすい人に向いているのです。その反対に、まぶたの厚い人、特に腫れぼったいまぶたの人は二重がうまく作れないことがあるようです。


ただしクリニックによってできるところ、できないところがありますので、一カ所で不可能と言われたからといってすぐに諦めることはありません。

術後の腫れはほとんどないことが二重まぶた埋没法のメリットではありますが、100%誰に対しても全くないというわけではありません。

その人によっては手術の後、数日の間は、まぶたが腫れることがある人もいるかもしれません。

また、糸を埋め込みますので軽い異物感が生じることがあります。
二重まぶた埋没法の一番のデメリットは、元の状態に戻りやすいということでです。反対にそれもメリットととらえることも出来ますね。


様々な工夫もされているので、最近では戻らないようになってきてはいますが、これは完全な保証があるわけではありません。

事前にやり直しの手術が戻ってしまった時にできるかどうかと、その際の料金はどうなるかということを十分に確認しておくことが大切です。


でも手術は怖いという方はこちらのページをご覧ください



Powered by Seesaa

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。