日記

簡単エスカレーター式ダイエット法 岡本一成氏 最後のダイエットにしてください 口コミ情報

「何をしても長続きしないんです」
「これまで何度ダイエットに挫折したことか」


【意思が弱いのは“ガマン”しなければならないから…
“ガマン”する事がなければ、意思の強さは関係ありません!!】

長続きしないのは、面倒だからとか難しいとか
何か出来ない理由があります。


このマニュアルは、20年間痩身に携わってきた
岡本さんの集大成です、100%の自信を持って
提供されています。

万が一、痩せる事ができなければ全額返金補償付きです。
ここまでの補償付きは早々ありません、なんせダイエットですから.


今まで10,000人を超える方を
痩せさせてきた最終結論は・・・

痩せる事は貴方が思っている以上に非常に簡単だという事です。



あなたは消費カロリーより摂取カロリーさえ少なければ、痩せる事ができる。
そんな風に思っていませんか?

私は思っていました、ですが、痩せないんです。一時期は痩せます。
でもまた戻ってしまうんですね。


実は…

どんなダイエットに取り組む時にでも、まず最初に
やらなければいけない事があるようです。

どんなダイエットに取り組む時にでも、
最初にこれをやらないと、たとえ一時的に
効果が出たとしても、すぐに努力が無駄に
なってしまう事があるんです。

一般的なリバウンドですね。


詳細はこちらをクリック





「ブート●ャンプもロデオ●―イもiいろいろやったけど、うまくいかなかった。
豆乳●ッキーもマイクロ●イエットでも、まったく結果がでなかったし・・・
でも、どうしても痩せたいの!」

「だから、次のダイエットこそは、絶対最後のダイエットにしたい!」
と思っているあなた・・・


あなたはこんな問題で悩んでいませんか?

意志が弱くて、どんなダイエットも長続きしない。
運動してもやせないんです。
便秘だし、代謝が悪いから痩せない。
少ししか食べてないのに、太っちゃうの。
水を飲んでも、太っちゃうんです。
いまの生活習慣を変えないと痩せられないわ。
40過ぎだから、何をやっても痩せないの。
わたし毎日お酒飲んでるから、どうしても太るんです。
わたし甘い物に目が無くって!だから、太っちゃうんです。


もし、あなたの悩みが以上ような事だとしたなら、
あなたは痩せる事ができないかも知れません。


なぜなら、あなたはダイエット失敗者の95%が陥る落とし穴に
ハマッてしまっている可能性があるからです。




多くの人が、痩せるために
間違った努力をしてしまっています。



努力しているのに、
「全然ヤセないの。」という女性は本当に多いんです。




岡本さんは、自宅で出来ることは自宅でやるべきだと
考えています。

そして、自宅でどうしても出来ない事だけをエステサロンなどで
補うべきだと思っているんです。

なぜなら、エステサロンに行ったからといって、ずっと痩せ
続けることなんて出来ないからです。

まあ超金持ちなら、出来ない相談かもしれませんが。

エステで痩せることが出来たとしても、それを維持していくのは、
あなた自身だという事です。



仮に痩身エステで、今までたまったセルライトなどをとって
痩せたとしても、あなたの生活習慣が今までと
まったく同じだとしたら、遅かれ早かれまた元に戻ってしまいます。

あたり前ですよね。




ですから、岡本さんのエステサロンで痩せられた方にも、
そのプロポーションを永遠に維持していく為の
ダイエット術をお教えするようにスタッフに指導しているそうです。



現在世間には色々なダイエット法がありますよね。
ただ、あまりにもその場しのぎのニセ者が多いです。

特にインターネットという無店舗で簡単に出来るという
環境をいい事に、素人が自分の体験だけの狭い世界で、

「私はダイエットのプロです。あなたはこの方法を
知らないから痩せないんです!」


とあたかも全ての人に当てはまるような口調で書いてあります
ダイエット法のホームページをよく目にしたりします。

痩せられないのは、人によって原因が違います。


だから、プロとして岡本さんはちゃんとした的確なダイエット法を
お伝えしなければと思ったようです。

詳細はこちらをクリック




以前にあった≪あるある大辞典≫などの問題がその典型ですね。

でも、考えてみればあれはあたり前の現象なのです。


毎週、毎週、新しく驚きのものを探してこなくちゃいけないんですよ!
新しいモノしか視聴者は興味が無いんです。

そんなに都合よく、ネタがあると思いますか?


だから、ああいった事になるのも、当然といえば
当然だと思いませんか?


本当に世間にはダイエット法があまりにも多くあります。



それから・・・

あなたにもう一つ忠告しておきます。



岡本さんもダイエット業界に永年関わってきた人間の一人です。

エステティックサロンの運営や業界の色々な会社に
美容機器や美容商材を卸したり、美容協会の会長も
してきた人です。

仕事柄個人的にも、大手広告会社○通やマスコミ等の
内部の人間とも関わってきました。

そんな岡本さんだから知っている、ダイエット業界の
トップシークレットがあるんです。

そのトップシークレットを、ここまで読んでくれたあなただけに
こっそりとお教えします。



実はひとつのダイエット法が
流行るのにはカラクリがあるんです。




ダイエット業界全体からは、
あなたに、ダイエットに成功されては困るんです。

もう一度いいます。

業界はあなたにダイエットに成功されてはこまるのです。

それが真実なんです。



もちろん全てとは言いません。

中には、まじめに誠実にどうやったら痩せさせれるのか?
を日々研究されてる会社さんもいらっしゃいます。

しかし、基本的には利益優先、お金ですから、

《あなたに何度もチャレンジして貰って、
お金を使って貰わなければならないのです。》


詳細はこちらをクリック




ここで、あなたに真剣な質問をさせて下さい。

あなたのダイエットの目的はなんですか?



例えば結婚式の時だけ綺麗に痩せて、
その後は太ってもOKという訳ではないですよね。

思い立った時にダイエット ⇒ リバウンド ⇒ 
そしてまた何かテレビを見て、他のダイエット 
⇒ そして、リバウンド

もうそういうのは止めにしませんか?



本物のダイエットとは…!!どんなの?

≪ダイエットに成功した後も、一切ダイエットする必要がない
体質になっていく事≫じゃないですか?

だから、当然リバウンドもありえないという事です。



つまり「太らない体質づくり」をする事です。



「そんな事はわかってるけど、それが出来ないから
悩んでるんでしょ!!」と、お怒りの声が聞こえてきそうですが、
「太らない体質づくり」と言われると、
すぐに体質改善を連想するかも知れませんね。

でも、そんな大変な事だったら病気にでもならない限り、
正直 なかなかやる気になれないでしょ^^

それが人間です、ものすごいエネルギーを使いますので
よほどのことが無い限り出来ないんですね。

ダイエットはポイントの一つにも上げています通り、
続かないと意味がないです。



更に言えば、続くというか毎日の生活で、
自然と太らない動きになっているということが大切なんです。

ですから、ダイエットは”シンプルで簡単”であるという事が
重要なキーワードになりますね。


詳細はこちらをクリック





ささやかですが、特典ファイルもお付けしております。
参考にして頂けたら幸いです。

日記

水ダイエットの量と回数について

水ダイエットの水の飲み方で大切なのは、一気にたくさんの量を飲まずに、時間をおいて回数を小分けにして飲むことです。

早くやせたいと焦る気持ちから大量の水を一度に飲んでも、水ダイエットにおいては効果がないばかりか健康にもよくないので避けなければいけません。

効率よく水ダイエットをするには、朝と毎食後にコップ一杯の水を飲み、その他には時間を決めずにこまめに水を飲むようするのが良いようです。

先回りして少しずつ水を飲むようにし、喉が渇くまで待たないようにしましょう。ゆっくり水を飲むように心がけて、一度にたくさんの量の水は飲まずに少しずつ回数を小分けにして飲んでいきます。

水ダイエットでは朝起きてすぐに水を飲みます。これは寝ている間にかく汗で水分が少ない状態の体を潤すため、そして目覚めの一杯によって血液の流れをスムーズにするためなのです。

食事の前に水を一杯飲むことは胃液を薄める効果があり、過剰な食欲を抑えてくれます。お風呂の後に水を飲み、入浴時に出た汗で失った水分を補うことも非常に大切です。

有酸素運動で汗を消費する時にも、水の摂取は必要です。運動前は適量の水を飲み、運動後には多めの量の水を飲みましょう。

これが水ダイエットの大切なポイントだといえます。

回数を増やしてコップ一杯弱ずつの水を時間を決めて摂っていけば、相当な量の水を飲むことが可能です。

ペットボトルに水を入れて持ち歩き、水ダイエット中は少しの量を回数を分けて飲むようにしていきましょう。


Powered by Seesaa

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。